Image_WeddingParty

結婚披露宴に履いていく紳士靴の選び方

ほほえむ女性

結婚披露宴に履いていく紳士靴の選び方

結婚披露宴に招待された際に、靴についてはいくつか気をつけなくてはいけない点があります。
今回は結婚式にふさわしい、マナーと選び方を説明します。
結婚式とは祝福の場であり、どんなに仲の良い関係であったとしても、くだけた格好をして参加するものではありません。
招待した方がどんな関係であっても祝福をするにあたってふさわしい靴選びをしましょう。
さて、これにはどういった選び方があるでしょうか。
簡単に説明すると、一言で言えば、黒のスムースレザーでひも付きという表現ですが、ここではこれらについて細かく説明します。
まず、色は黒が無難です。
おしゃれをして、茶色やネイビー、グレーなどを着用したくなりますが、特に挙式や披露宴に関してはこれらの色を用いることは基本的にマナー違反となります。
一部例外として、茶色の濃い目なら問題ありません。
次に素材ですが、スムースレザーか、パテントレザー(エナメル素材)を選びます。
クロコダイルやパイソンなどのリアルレザーや、いわゆるそれに似せた型押しは、結婚式には履かない方が良いでしょう。
次にデザインです。
昔から正装とされているデザインとしては、ひもを結ぶ羽根の形状が内羽根とされています。
結び方はパラレルといって、ひもが平行になるように通して結びます。


先端のトゥーの部分のデザインですが、ここはプレーンチップといって、何も無いシンプルなものか、ストレートチップといって、トゥーキャップのついた、横にラインが入ったシンプルなものを選びましょう。
穴の開いたメダリオンや、W形状のウイングチップは主に仕事をする方がアクティブに使用するものですので、結婚式にはあまり向いていません。
このような靴が、結婚式にふさわしい正装とされています。
次に、手入れについて説明をします。
結婚式には、どんなに綺麗な服装で行ったとしても、足もとが汚れていてはせっかくの格好が台無しになってしまいます。
結婚式に参加する時は、靴をていねいに磨くことを心がけましょう。
磨き方として、スムースレザーであれば、その色に合わせてレザークリームを用いて、不織布などを使用してクリームを塗りこみます。
最後にブラシをかけることで、光沢感が増して足元が大変鮮やかになります。
また、パテントレザーの場合はエナメル専用のクリーナーがありますので、これを用いて汚れを落としながら光沢感を与えます。
このように足元はシンプルながらも、誰しもが目が行くポイントです。
マナーや選び方をしっかりと守り参加をしてください。
また、こちらのおすすめサイトの婚約指輪に刻みたいメッセージの解説も、大変興味深いです。