Image_WeddingParty

結婚披露宴に欠席する時の心遣い

ほほえむ女性

結婚披露宴に欠席する時の心遣い

結婚披露宴の招待状が届いた際には、早めに出欠の連絡を行うことが必要です。
早めに返事を出すことによって祝福の気持ちが相手に伝わることでしょう。
ただし、やむを得ない欠席の場合には若干日数をおいてから返事を出すことが望ましいです。
出欠の返事を早く出すことによって、早めに人数調整ができるという考え方もありますが、結婚に対する拒絶と誤解されてしまう場合があるのです。
少しだけ日数を置いてから「出席したくて調整したのだが、どうしても都合がつかず申し訳ありません」という気持ちを言葉にして、返信はがきに記載することによって、相手に自分の気持ちが伝わるのではないでしょうか。
ちなみに法事による欠席の場合には理由を正直に記載することは避けましょう。
返信はがきへの記載は「どうしても都合がつかない」や「やむを得ない理由がある」など少しぼかした言い方にすることが大人としてのマナーです。
結婚披露宴当日は会場宛に祝電http://www.custombasketsandbouquets.com/syuk.htmlを打つことが良いでしょう。
ありきたりの文例ではなく自分なりのメッセージがある祝電を贈ることで、「諸事情によって出席はできなかったけれどお祝いの気持ちはあります」という自分の気持ちを相手に伝えることが可能です。


結婚披露宴へ出席の返事を出した後に、会社都合によってどうしても避けられない事情ができてしまったというケースがあります。
新郎新婦との関係にもよりますので、ケースバイケースで判断することが必要です。
時には欠席の連絡を行う必要があります。
欠席の連絡を行う際には仕事による理由を具体的に説明することによって、相手の理解を得ることがポイントです。
できるだけ早めに連絡を行いましょう。
同じ社会人であれば仕事の大切さや仕事に対する理解力があるはずなので、真摯な言動で説明することによってきっと分かってくれることでしょう。
二次会が予定されているか聞いてみること、二次会の参加を誘われた際には必ず参加することが良いでしょう。
ご祝儀は出席時と同じ額を用意することが大切です。
ご祝儀を郵送する場合にはお祝いの言葉やお詫びの言葉を添える様にしましょう。
代理出席を検討している場合には、新郎新婦への相談が不可欠です。
時には相手が他の代理人を出席させる場合もあります。
自分から代理出席の相手を検討している場合には、相手の了解を得た上での代理出席を行いましょう。
お祝いの気持ちを前面に出した上で適切な言動を取ることが、今後の交際を決めることになります。
こちらのサイトhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.name/の解説ページもわかりやすくてお勧めです。