Image_WeddingParty

結婚式も結婚披露宴も、一度こだわりを捨てて眺めてみませんか

ほほえむ女性

結婚式も結婚披露宴も、一度こだわりを捨てて眺めてみませんか

近年、結婚式や結婚披露宴の形も多様化してきています。
一昔前までは、和装で親族のみで結婚式を挙げ、その後結婚披露宴をホテルの大広間で行い、最後に二次会をどこか洒落たクラブ等で行い、翌日から新婚旅行というのが、一つの形式、いわゆるゴールドスタンダードではありました。
一方近年はというと、まず、夫婦の誓いをチャペルで挙げたいと考える女性は多いようです。
人前式という形式も、すっかり浸透しました。
そのため、近年は親族以外も誓いの儀式に立ち会うことが増えています。
また、海外挙式も増えています。
これも一昔前は、バツイチで親族に顔向けできないからというネガティブな理由が想起されたものですが、今はすっかりイメージを一新しています。
海外挙式をした場合、結婚披露宴やパーティーが独立した日程になります。
一昔前の形式だと、新郎新婦は一日で結婚式・披露宴・二次会をこなさねばなりません。
翌日からの新婚旅行は、疲れた体で行くことになり、いくら若いといっても厳しいので、日程としては、分離したほうが合理的です。
また、国内であっても、レストランウェディングのような、以前とは雰囲気が違う場所が使われることも増えています。
一方のホテルも、ガーデンを用意するなどのサービスをして、新郎新婦のホテル回帰を図っています。


場所に関してさまざまなら、招待客の面子も、やや変わってきています。
一昔前は、新郎側、新婦側それぞれに主賓を誰にするか考え、新郎側だけまたは新婦側だけで同程度の地位の人が並び立たないようにすること、また新郎側と新婦側の主賓の社会的な地位のバランスをとること、などなどを考えていたものです。
というのも、挨拶、乾杯の音頭などを誰が担当するかということが社会的な地位の上下を象徴しているという面があったためです。
今思えば些細なことのようですが、この人選を間違えると会社内などで肩身の狭い思いをすることになりました。
一方、近年は本当に呼びたい人を呼ぶという、望ましい形ができてきているのは喜ばしいことです。
中には、主賓がいない、結婚披露宴というより、結婚報告パーティーと言うべき会もあります。
招待客は新郎側も新婦側も友人だけになります。
一昔前なら、親戚から陰口を叩かれたような、このような形式のパーティーも、今や誰にもはばかることなく実施できます。
このように、結婚の一連のイベントの流れは大変多様化しています。
特に女性には、昔からあこがれていたチャペルがあるとか、全部和装で貫き通すのだ、といったこだわりがあることが多いのですが、そのこだわり自体、古い形式にとらわれた結果なのかもしれません。
ただ一度の結婚式、事前に、一度視点を遠くに置いて、実はもっとやりたいことがないのか確認したほうが良いでしょう。
こちらのサイトでは意外と知らない結婚指輪の豆知識を紹介していました。ご覧になってみてください。