Image_WeddingParty

結婚披露宴で忘れてはならない持ち物

ほほえむ女性

結婚披露宴で忘れてはならない持ち物

結婚披露宴に出席する際には、持ち物についてチェックしましょう。
特に初めて出席する場合には注意が必要です。
まず何よりも大切なことはご祝儀です。
ご祝儀は絶対に忘れない様にしましょう。
相場を把握した上で適切な金額を新札でご祝儀袋に入れること、ご祝儀袋は袱紗に包むことが基本です。
式場内では大きなバッグは避けて小さなパーティバッグを持ちましょう。
パーティバッグの中にはファンデーションや口紅などのメイクグッズ、生理用品、カメラ、財布や携帯電話などの貴重品、ハンカチやティッシュなどを入れておきましょう。
場合によっては名刺を入れておくことも必要かもしれません。
小ぶりであるパーティバッグに持ち物が入りきらない場合には、パーティ用のサブバッグも用意しておくと良いでしょう。
パーティバッグやサブバッグに入りきらない荷物(貴重品以外)は、クロークに預けておくことが望ましいでしょう。
結婚披露宴では素敵なドレスを着用する場合が一般的です。
正しい姿勢で女性らしく振る舞うことと、持ち物は必要最小限にすることが、大人の女性として場にふさわしい言動といえるのではないでしょうか。
ちょっとした振る舞いに気をつけることは自分自身の印象アップに繋がります。


結婚披露宴に持参するパーティバッグは小さいものがベストと言われています。
結婚披露宴の最中は席を立つタイミングが難しい為、必要な物はあらかじめパーティバッグに入れておくことが望ましいでしょう。
お財布がパーティバッグに入らないというケースが比較的多い傾向です。
パーティ用のお財布を用意しておくと良いかもしれません。
ご祝儀袋を入れている袱紗はパーティバッグに入らないことが多い為、サブバッグや別のバッグに入れておき、受付に着いたら袱紗を出して準備しておきましょう。
受付でご祝儀を渡した後に袱紗を片付けるとスムーズにクロークへ荷物を預けることが可能です。
ちなみに、お財布や携帯電話などの貴重品はクロークへ預けることはできないため、自分自身がしっかりと管理しておくことが大切です。
着替えが必要である場合には紙袋に着替えを用意しておくと便利です。
更衣室の有無や場所をあらかじめ新郎新婦に聞いておくことが良いでしょう。
慌ただしくもありますが和やかな雰囲気の中で心に残るシーンを演出する場です。
大人の女性ならではのさりげない気遣いや振る舞いを心がけてみては如何でしょうか。
心に残る印象深いイベントになるのではないでしょうか。