Image_WeddingParty

結婚披露宴における謝辞の際のポイント

ほほえむ女性

結婚披露宴における謝辞の際のポイント

結婚披露宴のためのたくさんの式場の見学、式場の選定、招待状の発送、各種スピーチ、余興等の相談、席次の検討、プランナー、司会の方との様々な打合せ、引き出物などの選定、ウェディングドレスの選定、当日上映するビデオなどの撮影・編集作業、BGMの選定、親族のための衣装、場所等の様々な手配などの非常にたくさんの、また非常に大変な準備を終えて、やっと結婚披露宴を迎える方が大多数だと思います。
そして、結婚披露宴当日においても、新郎新婦のプロフィールビデオの上映などから始まり、新郎新婦の入場、ウェルカムスピーチ、新郎新婦の主賓の方からの挨拶、乾杯の挨拶、祝電の披露、各種余興、ウェディングケーキの入刀とファースバイト、お色直し、その他各種イベントがあり、周りが少ししんみりして、涙も誘うような新婦からのご両親への挨拶、またご両親から来場者への感謝のお言葉が終わり、そして一番最後に、特に新郎サイドにとっては、最も重要な、新郎からの謝辞の言葉があります。
ここまで、非常に長く説明してきました、結婚式のための各種準備、そして、結婚式当日の様々なイベント、その全てを総括して1つのメッセージとして纏め上げるのが、まさに新郎の謝辞といえます。


ここでは、一番最後の締めとして重要な結婚式での謝辞の内容についてのポイントを考えて見たいと思います。
まずは、謝辞に入れる内容の範囲ですが、過去、現在、未来の観点で考えてみたいと思います。
過去という観点では、これまで自分が小さい頃からずっと育ててくれた両親や親族への感謝の言葉、またこれまで自分たちがお世話になった方々への感謝の言葉というのを述べる必要があるかと思います。
現在という観点では、今日のこの結婚式のために集まってくれた方々、スピーチや余興を披露してくれた方々、またこの結婚式を準備してくれたプランナーやスタッフの方々への感謝の言葉というのを述べる必要があるかと思います。
最後に、未来という観点では、過去と現在の内容を踏まえた上で、新郎新婦でどのような結婚生活を送っていくのかという決意と共に、過去と現在でかかわりをもてた方々とも、今後もお互いに良い関係を維持・発展させて行きたいといったようなお思いを述べる必要があるかと思います。
こうした過去、現在、未来の観点で、まずは網羅性を持って、挨拶の内容を幅広く洗い出した上で、より時間を割く部分、熱い思いを持って語る部分などを取捨選択しながら内容を精査してみては如何かと思います。
こちらのサイトxn--h1su5riuw9sq.nameには、指輪についての大変面白いデータが掲載されていました。是非お読みになってみてください。